「売上が伸びない、でも何をしたらいいか分からない」そうお悩みの社員5名以下の経営者・個人事業主の方へ 福岡・広島の経営コンサルタントがお応えします。

社長・経営者のためのPDCAパートナー

 PDCAパートナーとは、社長・経営者・オーナー・先生が自らを振り返る、伴走者です。伴走者として、毎日、応援コンサルティングをおこないます。更に、将来のビジョンを共有することで、日々の行動が将来のビジョンと結びついているか、将来のビジョンを忘れていないかをチェックしながら、一緒になって売上アップなどビジョンの実現を目指していきます。

 

 毎日応援・コンサルティングしていくために、社長・経営者がPDCA日誌を書いて頂き、PDCAパートナーである外部の経営コンサルタントが日々確認し、第三者の視点で励まし、アドバイスします。

 

 このPDCA日誌を一緒に取り組み、途中で目標を諦めず、投げ出さず、社長・経営者・オーナー・先生の夢に向かって、応援して参ります。さら

に定期的な面談を活用することで、経営改善に向けた取り組みを共に検討して参ります。


利用者の実績

  1. 【雑貨屋】寂れた商店街で店長1人が営む雑貨屋さんが4か月で月商89万円から161万円!月商1.8倍。
  2. 【不動産ベンチャー】社長1人からはじめた不動産ベンチャーで開業2年目に5400万円だった売上が3年目で2.8億円とわずか1年で5.1倍に!
  3. 【甘味処】20代前半のフリーターが友達とアルバイト2人で始めたFCの甘味処が開業2か月で売り上げ月商479万円。
  4. 【化粧品販売】主婦が自分の為に作った手作り化粧品が、1年で月商26万円から月商223万円に!
  5. 【看板屋】父と二人で営む看板屋さんがわずか2年で月商115万円から月商245万円!売上2倍以上!
コーチングを受けた方の写真

推薦者の声


PDCAパートナーの応援コンサルティングのしくみ(毎日コーチング)

 PDCAパートナーの特徴として、PDCA日誌の励ましのメッセージやアドバイスの返信のほか、毎月1回もしくは2回の面談があるということ。この面談により、忘れていた目標や、やらなければならないことを思い出したり、外部からのアドバイスで気づきやヒントを得たりすることで、翌日からの行動に修正をかけていきます。また、思いをしっかりと話すことで、悩みが解決し気持ちがスッキリします!

日報・面談を組み合わせた、毎日コーチング

PDCAパートナーで成果が出る理由


コンサルティングやコーチングとの違い

 応援日報は、コンサルティングとコーチング(エグゼクティブ・コーチングや経営者コーチング)の双方の良いところを融合させたものです。企業の課題(見えない問題も含む)について、経営コンサルタントによるコンサルティング・経営相談を行うと共に、実行に向かうために日報を活用して日々コーチングをおこない、売上アップなどビジョンの実現に向かっています。


対象エリアと対象の方

福岡・広島の社長・役員・経営者・個人事業主・オーナー・先生(士業・病院・歯科医院)を主な対象としたサービスです。応援日報がオススメの方のページも合わせてご覧ください。


セミナー等新着情報

 2016年10月:佐賀県・唐津上場商工会様のご依頼にて「未来を考える戦略マップセミナー」を開催しました。

 2016年  9月:島根県商工会連合会様のご依頼にて、経営指導員様向けに「外部情報を活用した経営計画策定のポイントセミナー」

        を行いました。


ブログ

【233】ガントチャートは計画・進捗の「見える化」のツール

続きを読む

【232】忙しい会社・社長こそガントチャート式年間計画

続きを読む

【231】同じビジネスでも見せ方(魅せ方)を変える

続きを読む

【230】ビジョンに照らして初めて見えてくる問題もある

続きを読む

【229】作成したガントチャート式年間計画を意識的に変える

続きを読む