お客様 事例紹介


「日報」を始めるまでは目的なく仕事をしていました。お客様が来ては帰っての繰り返しの毎日。何をやりたいのかがわからなくなっていました。でも、経営自体には問題はなかったんです。でも、そんな中で売上がドーンと落ちたんです。きっとお客様のニーズとズレたんだと思います。実は、この業界って完全に待ち受け営業なんです。だって、チラシも配れない業態なんですから。そんな古い体質の業界に、違う業界の視点を取り入れることが出来たのは、本当に幸運でした。まさに目からウロコとはこのこと。「日報」に出会ってなかったら、倒産していたと思います。

「日報」を書くことで、今日やることがはっきりします。そのスケジュールを前倒しで実行していく。その効果は大きいです。それに経営者は孤独です。だから、相談できる相手、話を聞いてくれる相手がいるのは大きいです。それも、前を走ってくれるんじゃなくて、伴走してくれる。ペース合わせて走ってくれるんです。前を走ってても、戻ってきて待っててくれるんです。


楽天に出店しているので、メルマガを発行しているんです。ただ、忙しかったり、怠けたりしてしまって、なかなか書くことが出来ていなかった。でも、今は「日報添削」があるので、やらなきゃ怒られるなと(笑)。強制力があるんですよね。今では週1回のペースでメルマガを発行できています。毎日ちゃんと「日報」を見てくれているから、一人だとやらないことでも頑張ろうって思わせてくれます。もともと何も続かない性格だったのですが、今では「これだけは続けてる」って自信をもって言えます。成長したなって実感できますね。



良いアイディアが浮かんだと思っても、人は忘れ去るものです。「日報」で考えを書き留めることによって、それを防ぐことが出来ます。また、読み返して思い出すことも出来ますし、「日報」を読み返してみたときに新しいアイディアが生まれるなんてこともありますね。それに一人でやっていたら、「まぁいいか」となることでも、添削があるので、ちゃんとやろうという気になります。


お陰様でたくさんのお客様に来ていただけるようになりました。ただ最近、メニューの原価率が30%を超えてきていたんです。それに気付けたのも「日報」のお陰。厳密な計算は難しいので、完成品の写真を撮って原価率を意識付けたところ、少しずつ具材の使用量が増えていたり、無駄な買い物が増えていたようです。また、5年後に3店舗を目指しているので、スタッフの社員化を図っています。新人採用も積極的に行なっています。それもこれも「日報」でビジョンからの逆算を行なっているので、どこへ向かっているのか、ペース配分、モチベーションの維持などが自然と出来ているんです。