【14】「面倒くさい系」を続ける

 

「面倒くさい系」とは

栢野克己氏の新刊

「小さな会社の稼ぐ技術」

に出ている言葉です。

 

ライバルとの

差別化を図るために

弱者、特に中小零細企業は

「面倒くさい系」

で勝負する

ということなのです。

 

 

「面倒くさい系」とは

面倒くさいことなのです。

 

例えば、

お礼状を書く

注文を受けたら作る

など普通はやらないことを

手間暇をかけてやることです。

 

 

クライアントさんでも

「同業はやらないけど、

これがウチの生きる道」

と言っていた社長が

いらっしゃいます。

 

 

 

面倒なことを

続けることが

差別化になり

ブランドになります。

 

 

 

それを続けるために

日報にチェックリストとして入れたり、

どのくらいやっているかを記録しましょう!

 

 

栢野克己氏の新刊

「小さな会社の稼ぐ技術」

オススメです。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

 

こちらからご登録ください。

 


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203