【62】キャッシュポイントを考える

 

先日開催した

セミナー会場のため

セミナールームを

いろいろと調査していました。

 

 

ネットで調べたり、

友人に聞いたり、

いろいろと行いました。

 

 

 

当たり前ですが・・・

立地や広さによって、

値段も変わりますね。

 

 

そんな話をしていると、

友人から、駅前で「0円」で

借りられるところがあるよ

と教えてくれました。

 

 

それは、なんと

とある金融機関の

セミナールーム。

 

 

 

ただし、

クレジットカードを

契約した方のみが使える

セミナールームだそうです。

 

 

友人からいろいろと聞くと、、、

 

金融機関側からすれば、

0円でセミナールームを貸しても、

その後のお取引で収益が上げられたら、

全く問題ないわけですね。

 

 

 

一方で、貸し会議室を

運営する会社は、

その会議室での

収益を上げないと

事業として成り立たない。

 

 

 

身近なライバルは、

同業かも知れません。

 

しかし、この例に見るように

業界を破壊するライバルは、

実は業界以外の異業種だったりします。

 

 

この違いは、、、

 

稼ぐポイント

=キャッシュポイント

が異なるということ。

 

 

その金融機関さんにとっては、

キャッシュポイントは

会議室の貸出の収益ではなく

その後の取引の収益なのです。

 

 

自社の商品・サービスも

キャッシュポイントを変える

ということでビジネスモデルが

変わっていくかも知れません。

 

 

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

 

こちらからご登録ください。