【101】どんな人が欲しがるか?を徹底的に考え抜く

お客様を
「ターゲット」(標的)と
いうのも失礼ですが、
営業やマーケティングでは、
「ターゲット」の重要性は
よく言われます。


要は、当社の商品を
欲しがっているのは
「誰」なのかを

考えることです。

 

コンサルティングを

していると、

・食品だったら、
富裕層とか、
・雑貨だったら、
〇〇マニア
とかよく言われます。

 


しかし、

その程度の回答なら

それなら、競合品も

同じように言っている

可能性は正直大きいです。

 

 

それでも、市場が大きいなら

問題ない場合もありますが、

ターゲットをもっと

浮き上がらせてもいいと

思います。

 

 

そのためには

そのターゲットが
他社の商品ではなくて
自社の商品を
「喉から手が出るほど」
「困りに困れ果てて」
欲しい!という状況を
想定できるかどうか?

 


特に比較検討型の
商品なら、なおさら重要です。

 

ターゲットのイメージが
漠然としているなら、
時間をとってじっくりと
考えてみましょう。


「喉から手が出るほど」
「困りに困れ果てて」
欲しい!という人には
誰ですか?


それが分かると、
Webサイトや営業トークや
チラシのキャッチコピーが
変わってきますよ。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203