【183】中小企業はガントチャートで事業計画を深掘りする

前回は、事業計画をガントチャートに

落とし込み定期的に見直すことをお伝えしました。

 


システム開発のガントチャートは
納期がズレる・ズレないの話が多いですが、
事業計画のガントチャートは
 

・新規実施すること

 

・延期すること

 

のほかに

 

・行動をより具体的にすること

 

・行動を変更すること

 

などをおこなっていきます。

 

 

その中で、今回

 

・行動をより具体的にすること

 

についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

良くないガントチャートは
後で振り返っても行動が
分からないもの。

 

 

 

例えば、ガントチャートの項目に
一言、「営業」と書いてあるものがあります。

 

そうすると、後から見て

 

・何をどうするのかが不明だったり、

 

・分からないが故に、行動を起こせなかったり

 

します。

 

 

だからこそ、定期的に見直し深掘りして、
自らが動けない状況を確認して、
行動をより具体化にする必要があるのです。

 

計画が実行できないことを

「忙しい」ことを理由にするケースがあります。

 

それは、行動することがボヤッとしていて

自分にとって大きな塊のように見え、

その大きさによって、自らが動きにくくなっている

こともあるかも知れません。

 

 

自分が決めた計画を一歩踏み出すには
行動をどう深掘りしたらいいのかを

考えてみましょう。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203