【184】中小企業はガントチャートで事業計画を変更する

これまでガントチャートを

事業計画に活かすことをお伝えしてきました。

 

そもそも、ガントチャートは
システム開発やプラント・建築
関連などでよく使用されます

 

ガントチャートにて

通常、やるべきことを事前に洗い出し、

その項目がスケジュール通りに

進んでいるかチェックします。

 

 

ここで是非とも

お伝えしておきたいコトとして

事業計画でガントチャートを

使用する場合は、
変更・割り込み事項が多いことを
頭に入れておくことが重要です。

 


変更や割り込み事項があるので、
ガントチャートが使い物にならないのではなく、
変更や飛び込み事項があるからこそ、
ガントチャートで様々なアクションを

管理する必要があるのです。

 


場合によっては、
割り込み事項によって、
今月達成できずに、
来月以降なるかも知れません。

 

それを来月にずらしつつも、
ガントチャートを変更し、
来月はしっかり実行していくことが
重要なのです。

 

 


このガントチャートは、
社長・経営者のアクションプランを
自らや自社を管理して、

自らや自社を律するものなのです。

 

 

ガントチャートなしに

やるべきことをやらずに

過ごしていると、目の前のTO DOに

追われる毎日になってしまいます。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203