【239】経営改善計画で使えない、ガントチャート式年間計画とは?

 

経営改善計画や事業計画の策定では

年間計画のガントチャート(工程表)を

作成しています。

 

当社では

「ガントチャート式年間計画」

と呼んでいます。

 

 

またクライアントさんで

過去に作ったものを

拝見することがあります。

 

 

その時には、これで

PDCAが回せるかどうかの

観点でアドバイスしています。

 

 

一番、使えないのは、

例えば

「新規開拓」と書いて、

横棒がざぁーと

引っ張っているもの。

 

「生産性向上」も同じ

「5S活動」も同じ

 

 

まさに「のり弁当」状態で

横棒が長ーく引いてあるだけ

のものです。

 

 

これでは使い物になりません。

 

というのも、何をやるかが

細分化されておらず、

何をどこまでやったのか

チェックもできません。

 

 

例えば

新規開拓なら

 (1)まず何をして(エリア選定)

 (2)次に何をして(リストアップ)

 (3)その後何をする(訪問活動)

ということを明確にしないと

計画といえず、何がどこまで

進んでいるのか分かりません。

 

 

せっかく作成するなら、

使えるガントチャート式年間計画を

作成しましょう!

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。