【241】ガントチャート式年間計画で分かる、中身が薄い事業計画とは

 

ガントチャート式年間計画での

計画立案をご支援していると、

中身が薄いものが出てきます。

 

 

それは、

 

毎日同じような

ルーチン業務

 

主体の会社。

 

 

 

うちはそんなに

変わらないからと

おっしゃってますが、

季節によって何らかの

変化体制はあるでしょうし、

そのほか、

・業務改善

・多能工化

・新しいチャレンジ

など、今の経営で見直していく

必要もあります。

 

 

チャレンジ意欲がある会社は

A3のガントチャート式年間計画が

2枚は軽く越え、3枚以上に及ぶこと

があります。

 

 

枚数ですべてが分かるわけで

ありませんが

ガントチャート式年間計画の

枚数は、会社・経営者の

「やる気」「チャレンジ」の

表れだと思います。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203