【291】「緊急性は低いが重要性は高い」ことを改めて考える

 

時間管理において

時間管理のマトリクスについて

お話しする機会があります。

 

 

時間管理のマトリクスとは

名著「7つの習慣」で

登場する考え方です。

 

 

やるべき事ややっていること事

「緊急」と「重要」に従って、

次の4つに分けるものです。

 

第一領域 「緊急性も重要性も高い」

第二領域 「緊急性は低いが重要性は高い」

第三領域 「緊急性は高いが重要性は低い」

第四領域 「緊急性も重要性も低い」

 

に分けていきます。

 

特に

 

第二領域 「緊急性は低いが重要性は高い」

 

に時間をどれだけ使えるかが自分の成長に

とって重要なのです。

 

それがなかなか

できていないのがほとんど。

 

 

残りの3つの領域の仕事に

時間を取られているのです。

 

 

中には、

 

第二領域 「緊急性は低いが重要性は高い」

 

が出せないという経営者もいます。

 

ひょっとしたら

会社の将来像について

腹落ち感がないかも知れません。

 

第二領域 「緊急性は低いが重要性は高い」

 

ことでやるべきことはないかを

考えることも重要ですね。

 

それは会社の戦略を考えると

いうことにつながると思います。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203