【306】ガントチャート式年間計画の作成のメリット(5)進捗管理できる

 

当社でオススメしている

ガントチャート式年間計画。

 

前回、作成のメリットとして

 

(1)見える化

(2)共有化

(3)細分化

(4)逆算式で考える

(5)ボリューム管理

 

をお伝えしました。

 

この(1)~(5)ができると、

進捗管理がしやすくなります。

 

 

どの項目が終わって、

どの項目が終わっていないのか?

について、

・自分なりに

そして

・組織の中で

共有でき、

・スケジュールを見直したり、

・協力体制を強化したり、

・役割分担を見直したり

することで実行に向かっていくことが

できるようになるのです。

 

もちろん、その中で進捗が

芳しくない場合は、行動レベルに

落ちていないことがありますので、

もう一度、細かく分けて

考えることも大切です。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203