【307】ガントチャート式年間計画の作成のメリット(6)他のスケジュール管理との違い

 

当社でオススメしている

ガントチャート式年間計画。

 

前回、作成のメリットとして

 

(1)見える化

(2)共有化

(3)細分化

(4)逆算式で考える

(5)ボリューム管理

(6)進捗管理

 

をお伝えしました。

 

 

例えばカレンダーだと、

〆切は分かりやすいのですが、

 

会社のやるべき事が一覧で

表現できなかったり、

カレンダー上では細分化しにくかったり

という状態になります。

 

そうなると、

ボリューム管理や進捗管理が

できにくくなります。

 

 

一方、TO DOリストだと、

やることが一覧できるのですが、

いつから着手するとか、

それぞれぞのやることの関連が

見えにくくなったりします。

 

 

もちろん、

カレンダーとTO DOリスト

を使いながら、

ガントチャート式年間計画

も活用すると、

それぞれが、より成果が出る

ビジネスツールになるのです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。