【397】自社が「○○屋」だと決めつけないことが売上アップにつながる

 

先日、とある飲食店さんの

経営に関するご相談を

お伺いしました。

 

 

今まで飲食店として、

長くやってこられ、

土日祝日はたくさんの

来店客で賑わっているものの、

平日がそれほどない。

 

 

土日祝日は入りきらないので、

店舗の移転も視野に入れている

とのことでした。

 

 

経営者と話し込みながら

何回かのアドバイスで、

移転を考える前に

まずは平日の売上を

しっかり確保する

という策をいろいろと

練り上げていました。

 

 

 

経営者の方は

 

 「自分のお店を『飲食店』

と思ったら、考えつかない

ようなこともあった」と

驚いていらっしゃいました。

 

 

 

ついつい私達は

自社を○○屋と

思い込んでしまいます。

 

 

・塗装屋

・運送屋

・加工屋

などなど

 

 

その決めつけで考えると

ビジネスの領域が狭くなって

しまいます。

 

 

 

それは、お客さまのニーズを

見逃すことにつながります。

 

 

自分が○○屋と思わずに

世の中やお客さまを見てみると、

自分が得意なことで

お客さまのニーズを

拾うことができるかも知れません。

 

 

売上アップのために

「○○屋」を一回を

外して考えてみましょう。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。