【441】中小企業の経営計画策定におけるポイント(1)「過去~現在」と「現在~将来」

 

当社では、

クライアントである

小さな会社やお店にて

経営計画の策定の

お手伝いをしています。

 

 

これまで

経営計画の目的について

お伝えしてきました。

 

 

今後は経営計画策定における

ポイントをお伝えして参ります。

 

 

 

経営計画では、

 

(1)現状分析

(2)今後の計画

 

の大きく2つの

構成があります。

 

 

時間の流れで考えると

 

(1)現状分析は

  「過去から現在」

 

(2)今後の計画は

  「現在から将来」

 

 

とも言い換えること

ができます。

 

 

計画として

重要なのは

 

(2)今後の計画

  「現在から将来」

 

ですが、

 

(1)現状分析

  「過去から現在」

 

が時として

有効な局面

もあります。

 

 

 

それは

 

現状の分析や認識が

誤っていたら、

進むべき方向性も

誤る可能性があるからです。

 

 

また現状分析の中で

自社が選ばれる理由を

探すこともあります。

 

 

一旦振り返るということで

将来に向けたヒントが

得られるかも知れません。

 


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203