【458】中小企業の経営計画でPDCAが回らない理由(4)~経営計画の振り返るタイミングがわからない~

 

当社では経営計画を

策定するだけでなく

ともにPDCAを回す

お手伝いをしております。

 

 

 

 

そこで経営計画で

PDCAを回すコツを

お伝えしています。

 

 

 

 

この経営計画策定は

 

 

PDCAでいうところの

 

 

P(Plan:計画)

 

 

の段階です。

 

 

 

 

 

そして計画策定をきっかけに

 

 

 

D(Do:実行)

 

 

C(Check:確認)

 

 

A(Action:検証)

 

 

 

をおこないます。

 

 

 

 

 

一方で、経営計画を作った後

それを振り返っているかというと

振り返っていない経営者も

多いのも事実です。

 

 

 

 

 

その背景として

 

 

経営計画の振り返るタイミングがわからない

 

 

ということもあります。

 

 

 

 

前回、振り返りとは

 

 

・行動の実績が計画と比べてどうか?

 

・数値の実績が計画と比べてどうか?

 

 

を確認することとお伝えしました。

 

 

 

振り返るように作っていないと、

 

「何を」

 

「いつ」

 

見直せばよいのか分かりません。

 

 

当社ではガントチャート式経営計画

を使って経営者と毎月(もしくは隔週)

 

・行動の実績が計画と比べてどうか?

 

・数値の実績が計画と比べてどうか?

 

を確認しています。

 

 

そのためには、毎月・隔週で

振り返るような内容に仕上げています。

 

 

・どこを振り返っていいのか分からない

 

・いつ振り返っていいのか分からない

 

 

という会社は、逆転の発想で

毎月振り返るためにはどんな

経営計画だと行動と数値が

振り返ることができるかということを

考えるのも一手だと思います。