【462】ライバル他社と差別化して、お客様から選ばれるか?

 

「他人と違ったことをやれ」

「ライバル他社との差別化を図れ」

 

など、自社と他社と比べた

戦略を検討することがあります。

 

それは重要な視点なのですが、

その次のステップが重要です。

 

 

それは、

 

・その違いがお客様に分かるか?

・その違いでお客様が当社を選んで

 頂ける理由となるか?

 

です。

 

自社は差別化したと思っていても、

お客様にその違いが分かってもらえなかったり、

その違いではお客様が当社を選んでくれる理由

になっていない場合があります。

 

 

他社が作っていない商品でも

お客様から選ばれなければ、

売れない商品になってしまいます。

 

 

●自社

 

●ライバル

 

だけを考えるのではなく

 

●お客様

 

のことを考える

ということが重要なのです。

 

 

もちろん商品・サービスだけで

他社の違いを出すだけでなく、

対応方法なども違いになります。

 

 

いくつかのポイントから

お客様が他社でなく自社を選ぶ理由を

創り上げていくのです。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203