【489】お付き合いしたいお客様が、何で情報収集しているか?

 

お客様を自社に

導くための導線設計。

 

 

お客様に

・知ってもらって

・興味をもってもらって

・買ってもらって

・ファンになってもらって

 

という流れを

創り上げていきます。

 

 

最初のステップの

知ってもらってというステージでは

ついつい流行りの手法を

展開してしまいがちです。

 

今だとSNSなどでしょうか?

 

しかし、大事なことは

そもそもお付き合いしたいお客様は

どんな風に情報収集しているか?

ということを考える必要があります。

 

 

とある地方のクライアントさんで

調査したところ、Webではなく

意外にもチラシを見て問い合わせした

ということがありました。

 

 

そうなると、Webよりも

チラシを優先して検討する

必要があるわけです。

 

 

導線設計で大事なことは

お付き合いしたいお客様が

どうやって情報収集しているか

です。

 

 

それは、

自ら積極に収集したり

何かのきっかけで知ったり

と様々だと思います。

 

 

それらを考慮して、

導線設計の第一歩を

考えていく必要があるのです。

 

 


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203