【497】粗利率(利益率)と粗利額(利益額)のバランスが重要

 

とあるクライアントさん

でのコンサルティングに

入る前の話です。

 

 

 

粗利率を上げたい

ということで

高額の新商品を出したり

既存商品の値上げを施したり

してきました。

 

 

すると粗利率は

上がったのですが、

売上が減って、

粗利額が取れずに

結果として赤字に

なってしまいました。

 

 

こういうことは

よくあります。

 

 

企業は値上げをして

利益率を上げて

しっかり利益を取りましょう

という考え方は

これはこれで

正しい考え方です。

 

 

実際、当社でも

そういう提案を

おこなうことも

あります。

 

 

ただし、

もう一つの視点として

持っておくべきなのが

粗利額の話。

 

 

いくら「率」を上げても、

「額」が取れないなら

値上げの効果は不十分です。

 

 

 

なので、

値上げや高額商品を

販売する場合は、

「率」を意識しながら、

「額」も意識する

そのバランス感覚が

重要なのです。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203