【519】扉を開けるだけでも、入りやすさが違う

 

先日、とある飲食店で食事を

する機会がありました。

 

 

今までも何度も通過していたのですが、

扉が閉め切られていたので、

なかなか入るのをためらっていました。

 

 

先日は、たまたま扉が開いており、

中が見通せる状態でしたので、

思い切って入ってみました。

 

 

 

購入者には、試しに購入したいという

チャレンジな気持ちがある反面、

分からないものを購入したくない

という不安な気持ちが入り交じります。

 

 

そこに普段見えない様子が

見えるだけでも、ちょっと

入ってみようとなるものです。

 

 

それが飲食店では開放感

を演出するということです。

 

 

商品のお試しキャンペーン

もそうです。

 

 

 

チャレンジしたい一方で

不安なお客様の背中を押す

取り組みを考えることは

初めてのお客様にとって

重要な取り組みです。

 

 

 

お客様の背中を押す取り組みを

おこなっていますか?


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203