【536】小さな会社・お店は大きな目標と小さな目標を考える

 

前回、小さな会社・お店が

日々前進するだけでなく、

目標を持つ重要性をお伝えしました。

 

 

目標というと、

数年後の自社の姿を

考えることがあります。

 

大きな目標か小さな目標

かのどちらかと言えば、

 

なるかも知れません。

 

 

一方で、そんな先のこと

なんて考えることはできない

という方もいらっしゃいます。

 

 

その時には、数年後ではなく

1年後、半年後の姿を考えることを

オススメしています。

 

 

それは小さな目標です。

 

 

大きな目標を考えられる方は

小さな目標を逆算して考えられるでしょう。

 

 

また、小さな目標のほうが考えやすい方は、

大きな目標を積み上げて考えることを

オススメしています。

 

 

大きな目標・小さな目標の

どちらかを持つことが日々前進の

思考から抜け出ることができるのです。


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203