【546】ビジョンや経営計画には、「何のために」という腹落ち感が重要

 

小さな会社・お店を

コンサルティングを

させて頂く中で、

 

「何のために」

 

という質問をする

をことがあります。

 

 

 

 

 

社長やオーナーが

やりたい事って

 

「そもそも何のためでしょうか?」

 

いう質問で問いかけています。

 

 

 

その「何のため」ということが

しっかり腹落ちできれば、

行動もしっかり出来てきます。

 

 

一方で、腹落ち感がなければ、

行動も中途半端になってしまいます。

 

 

行動をしっかり出来ている人は

「自分の中で」「自分なりに」

腹落ち感ができている方です。

 

 

 

ご自身のビジョン

ご自身の経営計画

には、どれくらい腹落ち感が

ありますか?

 

 

私も折に触れて、

自分のビジョン・経営計画に対して

「何のために」ということを

問いかけています。

 

 

「何のために、このビジョンを

達成したいと思うのか?」

 

 

「何のために、この計画を

実行したいと思うのか?」

 

 

「何のために」ということを

ご自身に問いかけてみるのも

いい機会だと思います。

 


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203