【613】行動をすると、景色が変わって見える

 

ガントチャート式経営計画でお伝えしている事として、

まずは第一歩を踏み出しましょうとお伝えしています。

 

 

ガントチャートで記載する内容は

基本的には新しい取り組みが中心です。

その第一歩を踏み出すには勇気が必要です。

 

誰しも現状維持のままが楽と思いがちです。

実際私もそうです。そういう中で最初の一歩を

踏み出すことには、覚悟や勇気が必要です。

 

 

その一歩を踏み出すと、必ずと言っていいほど

新しい景色が見えてきます。

たった一歩でもでも見える景色が随分と変わること

すらあります。

 

何もやらないままで同じ景色を見てるよりも、

何かすることで同じ景色でも違って見えることが多いです。

それは成功だけ成功の時だけでなく、失敗した時もそうです。

それを前向きに振り返ることが大事だとお伝えしています。

 

よくPDCA

P(Plan:計画)

D(Do:実行)

C(Check:確認)

A(Action:修正)が回らない

といった話もあります。

 

PDCAが回らない理由の一つに、

 

ネガティブな気持ちで「C」Check:確認、「A」Action:修正

をおこなっていることがあります。

 

計画を振り返る際には、達成・実行できなかった人の

「犯人捜し」になったり、時には、できなかった自分への

自己嫌悪になってしまうことがあります。

 

そこで、「なぜできなかったのか?」というネガティブな気持ち

を切り替えて、「どうしたらできるのか?」というポジティブな気持ちに

切り替えて考えることが重要です。

 

そして、もう一つの理由として

計画・実行することは、「仮説・検証のサイクルを回す」

ことであるという意識が薄いということがあります。

 

計画して実行して成功する。これが理想のサイクルですが、

しかし現実は必ずしも思った通りになるわけではありません。

時には失敗することもあります。計画はあくまで仮説です。

 

仮説とは「たぶん、こうすれば上手くいくだろう」という、

仮の考えです。それを実行して、上手くいったか、

上手くいかなかったのかを実行を通じて検証するのです。

 

実行して上手くいかなかった場合は、計画がおかしかったということで、

どうやったら成果が出せるか?という視点でもう一度、計画、すなわち

仮説を考えていくことが重要です。

 

 

検証するためにはまずは第一歩を踏み出す必要があります。

 

是非、第一歩を踏み出して見える景色を変えてきましょう!

 


「まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方」電子書籍(Kindle)を発売しました!画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

QRコードよりAmazonのページに移動します。

経営コンサルタントによる福岡・広島の中小企業の社長、個人事業主・先生の目標達成を応援!「PDCAパートナー」

 

<運営会社>

株式会社 ヒトサクラボ

<本社>

 福岡県福岡市中央区大名2-1-13 

 TEL:092-600-4725

 

<広島オフィス>

 広島県広島市東区牛田旭1-13-6-203