【207】経営者・社長にコーチングの他に必要なこと

 

当社のサービスでは、

経営者・社長と面談する中で、

コンサルタントが質問をしながら

今後やるべき事に経営者・社長に

気付いてもらいます。

 

質問をすることで、

気付いてもらうことは

非常に重要だ

と思っています。

 

 

というのも、経営者・社長が

腹落ちした気づきの方が、

やらされ感でおこなうよりも

実行しやすいものだからです。

 

 

やらされ感は

経営者・社長にだけでなく、

働く人なら誰でも抱く感情ですね。

 

 

 

やらされ感では

人は動かないのです。

 

 

一方で、気づきだけでは

実行まで至らないケースが

あります。

 

 

 

そこで、社長・経営者が

気付いたことを具体的に

どう実行していくかを

ガントチャートやチェックリスト

を使って落とし込むことが

コーチングのほかに重要

だと思っています。

 

 

「人は思ったことしかやらない」

「人は思ってもやらない」

というのは、多くの人に当てはまるので

PDCAパートナーとして、

応援させて頂いています。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【206】社長・経営者でもコーチングを受けるワケ

 

当社は社長へコーチングを

おこないながら、

コンサルティングも

合わせておこなっています。

 

 

 

なぜご依頼を頂くのかと言えば、

自社なりに整理したところでは

 

 

 

 

「人は見たい世界しか見ない」

 

 

 

からなのです。

 

 

 

ちょっと補足説明しますね。

 

 

 

社長・経営者になれば、

苦言を言ってくれる方は

ほとんどいません。

 

 

 

そのため、社長・経営者は

自分が見たい世界だけを見てしまい、

自分が見たくない世界は見なくても

よくなります

 

 

経営で言えば、

営業やPRなど「攻め」が好きな社長は、

組織固めやチーム作りなどの

「守り」が手薄になってしまいます。

 

 

そうなると、「守り」そっちのけで、

「攻め」ばかりに目が行き、

売上は上がっても、内部がガタガタ

というような会社もあります。

 

 

その逆もあります。

 

 

内部の仕組みばかりに目が行き

営業に出たがらない。

 

 

 

このように

 

「人は見たい世界しか見ない」

 

からこそ、コーチングを通じて

経営者・社長として見なければならない

世界を直視する環境に置くことが、

経営者・社長がコーチングを受ける

理由なのです。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【205】社長・経営者にコーチングが必要な理由

 

当社のサービスは

経営者へのコーチングと

コンサルティングの両面を

おこなっています。

 

 

先日、とある経営者から

当社のサービスについて

こんな意見を頂きました。

 

 

経営者は孤独であり、

中には相談できる方がなかなか

いらっしゃらないようで、

ご契約頂く経営者から

毎月ご相談頂くことがあります。

 

 

良くお伺いするのは、

「1人でやっていると

怠けてしまう。だから、

毎月の面談で、実績報告や

悩みを相談することで

また頑張ろう」と

思って頂けるようです。

 

 

また「来月までに自分で決めた

課題をやらざるをない状況になる」

といった側面もあるようです。

 

 

人間は弱い生き物です。

信念があれば、必要ないかも知れません。

しかし、そのような方は社長・経営者

の中にもそうは多くないようです。

 

 

ある経営者からは、

「1人で悶々と悩んでいる時間が

長く続くよりも、第三者に話して、

相談に乗ってもらって、次のアクションを

早々に決める方がよい」と

おっしゃっていただけます。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【96】コーチングからコンサルティングへ

前回まで、当社がおこなっている
コーチングとコンサルティングの
話をしました。


なぜコーチングから
始めるかというと、
社長・経営者の意見を
引き出すことが大事だと
考えているわけです。


コンサルティングの
イメージと言えば、

「ダメなところを
指摘される」という
イメージがあるかと
思います。


「指摘し改善してほしい」
というのがご依頼の目的であれば、
もちろんコンサルティングから
入っても構いません。


ただし、当社は、
まず社長・経営者の
夢・目標ややりたいことを
聞かなければ、
今のやり方が正しいのか
どうかは分からないと
考えています。


そして、社長・経営者の中での
納得感が重要です。


ということで、
まずは
コーチングで
社長・経営者の
夢・目標・やりたいこと
を聞かせてもらって、
それから、毎日の日報での応援と
必要に応じてコンサルティングに
入っていきます。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【95】コーチングとは、考えをまとめること。

前回、質問で
社長・経営者の考えを
引き出すという話を

していきました。


ホワイトボード一面を使い、
引き出したさまざまな考え・
アイデア・課題をまとめたり
つなげたりしていきます。


それらを
いくつかの視点をもとに
優先順位に分けて、
ガントチャート式年間計画に

まとめていきます。


このまとめが
苦手な社長・経営者が
いらっしゃるのも事実です。


だからこそ、コーチ役が
重要なのです。

 


社長・経営者の意見を
引き出して、
第三者視点でまとめていく。

 


そして、

どうすれば実現できるかを
一緒に考えていく。

 

あわせて、その実現に向けて
毎日の日報での応援をする。

 


ここまでいくと、
よく世間で言われている
「コーチング」の域を超えて
コンサルティングに
入っていきます。

 

当社では、
コーチングと
コンサルティングを
組み合わて、
経営者・社長の応援を
しています。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。