【151】チェックリストの運用のポイント(目標達成のコツ10)

前回はチェックリストの作成の
ポイントをお伝えしました。

 

 

このチェックリストは
自分の目標達成・成長・変革
のリストでしたね。


今回は、チェックリストの
運用のポイントです。

 

 

特に大事なポイントを

お伝えします。

 

 

そもそも、このチェックリスト、
日々見て、意識することで、
じっくりと成長していくものです。


当然、毎日見ていくのですが、
日によってできたり、
できなかったりします。

 

 

バタバタと一日が過ぎると、
ほとんどチェックできません。


そうなると、
自己嫌悪になってしまいます。


それでチェックしなくなる。

変わらないまま・・・


そこで、

オススメしたいこととして、

 

「今日できてなくても、くよくよせず、
明日はできるように意識しよう」

 

と思うことです。


私もチェックリストが20個ぐらいありますが、
全部できたという日は、そう多くありません。

 

それでも落ち込んでいません。


習慣化には時間がかかります。
3ヶ月とも6ヶ月とも言われます。


習慣には時間がかかるということを
意識して、じっくりと取り組むことが
大事なのです。


もし、できない日が続いた場合は、
内容を
・より具体的にしたり
・数値にしたり
・行動しやすいレベルを下げたり
することが良いかも知れません。


完璧主義にならずに
まずは毎日チェックリストを見て
チェックすることが大事なのです。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【150】チェックリストの作成のポイント(目標達成のコツ9)

チェックリストの作成のポイント(目標達成のコツ その9)


前回、

「毎日、意識して実行すること」

は、チェックリストを活用する
ことをお伝えしました。


昔、小学生の時にやっていた、
生活習慣のチェックリストの
ビジネスパーソン版です。


このチェックリストは
自分の目標達成・成長・変革のリストです。

 

 

ここでチェックリストの作成のポイント
をお伝えします。

 

 

 

それは、

 

1)将来の自分をイメージして、作成する

 

2)今の自分に必要なことをイメージして、作成する

 

 

です。

 

 

 

将来と今という視点です。

 

この2つの視点から、
自分が毎日行動できるレベルまでの
目標や取り組みを設定していくわけです。

 

やらなければならない
仕事のTO DOリストではなく、
なりたい自分になるための
夢へのTO DOリストです。

 

仕事のTO DOリスト
のばかりの方は、
是非、夢へのTO DOリストを
作ってみてください。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【149】日々意識することはチェックリスト(目標達成のコツ8)

目標には2つの分け方があり、

 

 

(1)ステップ分けをして実行すること
(2)毎日、意識して実行すること
の2つある

 


ということをお伝えしました。

 

そして、

(2)毎日、意識して実行すること
は、チェックリストでした。


画像にもあるような、
チェックリストです。


小学生の時に生活習慣の
チェック表などありましたよね。


・朝ごはんを食べる
・歯磨きをする
・長時間テレビを見ない
などなど


これは、
正しい生活習慣、

躾(しつけ)のために
おこなっていると思います。

 

 

今回のチェックリストは
自分の目標達成・成長・変革のリストです。

 

クライアントさんには
マイ・チェックリストとして
使っています。

 

 


何を書くかというと、
マイ・チェックリストに

追加するものは、

 

 

自分の目標達成・成長・変革

につながる習慣したいこと。

 

 

 

 

 

 

それは
・行動習慣
・思考習慣
・身体習慣
に関することです。

 

 


・行動習慣は、勉強、整理整頓など

 

 

・思考習慣は、論理的思考、プラス思考など

 

・身体習慣は、運動、早起き、禁煙など

 

です。

 

 

 

仕事の場合だと、
行動習慣・思考習慣
が多いかも知れません。

 


行動習慣も、
・なりたい自分になる習慣もあれば
・気をつけておきたい習慣もあります。

 

 


それらを組み合わせて
マイチェックリストを作っていくのです。

 

 

 

私は当初は5個ぐらいでしたが、
いつのまにか20個ぐらいになりました。

 

それだけまだまだ成長しないと
いけないということですね。

 

 

次回はマイチェックリストの留意点を

お伝えしますね。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【148】ガントチャートで目標の進捗管理(目標達成のコツ7)

目標には2つの分け方があり、

 

(1)ステップ分けをして実行すること
(2)毎日、意識して実行すること
の2つある

 

ということをお伝えしました。

 

そして、
(1)ステップ分けをして実行することは、
●たてよこ計画(ガントチャート)
に記載することをお伝えしました。


この、たてよこ計画は
1つのプロジェクト
で使うことが多いのですが、
・会社経営
・部門計画
・個人目標
でも何でも使うことができるのです。

 

当社でも活用しています。


ポイントとして
1つのプロジェクトではなく
・会社の取り組み全て
・部門の取り組み全て
・個人の取り組み全て

まとめて使うことが、
通常と違った使い方なのです。


今回の目標達成においても
同じです。

 

大きな目標から
やるべきことを出して
スケジュールを考えて
並べていく。


単純ですが、意外に
このスケジュール管理が
個人目標の設定の場合、
曖昧になっているケースが
多いのです。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【147】小さな目標を2つの道具で達成する(目標達成のコツ6)

これまで、

小さな目標には2つの分け方があり、
(1)ステップ分けをして実行すること
(2)毎日、意識して実行すること
の2つある、

ということをお伝えしました。

 

 

そして、小さな目標は数多くあり、
だからこそ、多くの目標を
忘れない取り組みが必要だ

と思うワケです。


では、どうするか?


(1)ステップ分けをして実行すること
(2)毎日、意識して実行すること

それぞれ忘れない
仕組みが必要なのです。

 

(1)ステップ分けをして実行することは、
●たてよこ計画(ガントチャート)
に記載し

 

(2)毎日、意識して実行することは、
●チェックリスト
に記載します。

 

 

この
●たてよこ計画(ガントチャート)
 と
●チェックリスト
の2つの道具を使って、
小さな目標を忘れずに、
一歩一歩達成していき、

 

そして、将来の大きな目標に
たどり着くというのです。


これまでこのブログでは
それぞれお伝えしてきましたが、
会社経営であろうと、個人であろうと
この両輪を使うことが、
社員全員、自分自身が
目標を忘れずに達成できるようになります。


次回から、
●たてよこ計画(ガントチャート)
 と
●チェックリスト
について、説明していきます。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【146】小さな目標の組み合わせ(目標達成のコツ5)

これまで目標達成で
お伝えしたこととして

 

●大きな目標の達成の為に
 小さな目標が複数ある

 

 

そして

 

 

●小さな目標には2つの分け方があり、
(1)ステップ分けをして実行すること
(2)毎日、意識して実行すること
の2つある

 

 

ということでした。

 

これまで多くの経営者・社長、そして
社員さんと面談して参りましたが

 

(1)ステップ分けをして実行すること
を重視する人もいれば、

 

(2)毎日、意識して実行すること
を重視する人もいます。


もちろん、目標の中には

 

(1)ステップ分けをして実行すること
(2)毎日、意識して実行すること
の組み合わせた目標もあります。

 

 

それは毎日しながら、
少しずつレベルアップしていく
というモノです。


「毎日30分ビジネス本を読む」
ということでも、

 

初めは、初級編に目を通して、
そのうち、上級編に取り組むということです。

 

 

 

このような形でお伝えしていくと
小さな目標が数多く出て来るのでは
ないでしょうか?


だからこそ、多くの目標を
忘れない取り組みが必要だと思うワケです。


こちらについては
次回お伝えします。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


0 コメント

【145】小さな目標は2つある(目標達成のコツ4)

前回、大きな目標から
小さな目標に分ける
ということをお伝えしました。


小さな目標には
2つの考え方があります。


それは、
(1)ステップ分けをして実行すること

(2)毎日、意識して実行すること
の2つです。

 

 

(1)のステップ分けをして実行することは


例えば、
 5年後の売上目標が5億円だとすると、
 3年後の売上目標を3億円達成
 1年後の売上目標を1億円達成
という風に、

ステップ(中間目標)を設けて

スケジュールを決めて立てる
やり方です。

 

一方で(2)の毎日、意識して実行することは

 

例えば、
 「笑顔で挨拶」
 とか
 「言葉遣いを意識する」
 とか
 「1日1つ改善策のアイデアを考える」
など、毎日意識して実行して、
習慣にしたいことです。

 


「目標を見る」という行為そのものも
意識して習慣にしないといけませんので
必ず入れてもらいたいことです。

 

次回より、更に詳しく
(1)ステップ分けをして実行すること
(2)毎日、意識して実行すること
のポイントをお伝えします。

 

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【144】大きな目標から小さな目標に分ける(目標達成のコツ3)

「目標を忘れない」

ということが
目標達成の第一歩と
お伝えしました。


その目標には

 

大きな目標
 と
小さな目標

 

があるのです。


大きな目標とは
「将来の夢」のような、
やや遠い先の目標です。

 

例えば、5年後に
「売上●億円、利益●億円」
というような

壮大な夢です。

 

 

ただし、その壮大な夢でさえ
いつの間にか忘れてしまう

ケースがありますよね。

 

 

私もそうでした。

 

 

次に、小さな目標ですが、
大きな目標に達成するための
手前の目標です。

 

中間目標といって
良いかも知れません。


小さな目標を達成して
大きな目標を達成するのです。


手前の目標と言っても
1つとは限りません。


いくつかの小さな目標を
達成して、大きな目標を
達成できる場合もあります。

 

なので、

大きな目標から

小さな目標に分けていく

ことが重要なのです。

 

中間目標を設定したり、

いくつかの小さな目標を

設定したりします。

 

 

そして、

お気づきかもしれませんが、
目標を忘れないようにするためには、
大きな目標だけでなく、
小さな目標も

忘れないようにしないと

いけないのです。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【143】目標達成するための第一歩(目標達成のコツ2)

前回、目標達成できない
理由の1位が


目標を立てたこと自体を忘れてしまった


ということをお伝えしました。


目標を立てても、
それっきりで
見返したりしないわけです。

 

毎日バタバタしていて、
そして人と会って
スマホやらでたくさん
情報が入ってくると
情報量が多すぎて、
目標がどこかに
行ってしまうんですよね。


だからこそ、
忘れないように
思い返さないと
いけないワケです。


そのためには
当たり前ですが、
目標を見返すことが
重要です。

 


強制的にする方法もあれば、
自発的にする方法いろいろあります。


一つの例として、
目標を見えるところに
貼っておくというのが
あります。

机だったり、
トイレだったり
車の中だったり
いつも見る場所に
貼っておくわけです。


もう一つが
今の習慣に組み込むこと。


毎日朝礼している会社なら
朝礼の中に目標を見ることを
組み込むこと。


要は毎日意識付けすることが
重要ですね。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【142】目標を達成できない理由(目標達成のコツ1)

リクルートさんが運営していた
「R25」の記事で

 

「目標達成できない理由」

 

の調査結果を見かけました。

 

もう「R25」は運営が終了しており、
過去のネットの記事を見たワケなのですが・・・

 

 

話を戻して、

対象は20~30代の男性サラリーマン
200人に聞いたアンケートで

 

目標達成できない理由

の1位が

 

 

「目標を立てたこと自体を忘れてしまった」

 

 

意外な一方で、

思わずうなずいてしまいます。

 

 

ちなみに2位以下は以下の通りです。

 

2位 忙しくて目標どころではなかった 

 

3位 目標が曖昧すぎた 

 

4位 動機が弱かった 

 

5位 目標が高すぎた 

 

 

 

 

仕事のこと、プライベートのこと

いろんな目標を作るのですが
忘れてしまいますよね。

 

忘れるだけでなく、
作った目標を見ない人も
いるんじゃないでしょうか?


だからこそ、

忘れないように
しないといけない
ワケです。


次回から、目標を達成するためには
についてお伝えしたいと思います。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【141】中小企業の差別化戦略4(立ち位置を変える)

これまで、中小企業にとっての

差別化戦略として

 

●他社との「差別化」
 と
●お客様にとっての「特別化」

 

この両方から考えることが
重要とお伝えしました。

 

そして前回、

「小さな違いを積み上げる」

大事さをお伝えしました。

 

小さな違いを積み上げる中で、

検討してもらいたいこととして

「自社の立ち位置を変える」
ということです。


立ち位置というは

 

「お客様から見た自社の立ち位置」


です。

 

 

 

「お客様からどう見えているのか?」

を考えるということです。

 


自社の立場からすれば、

自社や自社商品を
お客様にどう見られたいのか?

ということです。


例えば、士業・サービス業
などで、よく見かけるのが
「〇〇専門」
ということです。


遺産相続専門・・・
ペット専門・・・
などですね。


そういうことを
検討する際には
当然、お客様のことを
考えます。

 

どんな願望(夢・楽しさ)
どんなお悩み(不満・不安)
をもったお客様に
自社の商品・サービスを
見てもらうといいのか?


それを際立たせるだけで、
商品は同じでも、
特別な会社・商品に
見えることさえあります。

 

同業他社と似たような

会社と思われないワケです。

 

 

それも差別化なのです。

 


今の立ち位置が
お客様にとって、

違いが分かりやすいのか
見つめ直すことも
重要です!

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【140】中小企業の差別化戦略3(小さな違いの積み重ね)

 

これまで、中小企業にとっての差別化として

●他社との「差別化」
 と
●お客様にとっての「特別化」

この両方から考えることが
重要とお伝えしました。


前回は
「他所(ヨソ)がやらないことをやる」
大きな違いを打ち出すことをお伝えしました。

 

もう一つの方向性は、
「小さな違いを積み重ねる」
という方向性です。

 

いきなり大きな「差別化」「特別化」は
できないから、ちょっとした差を
積み重ねるということです。

 


昨日よりもっとよくできないか?
昨日よりもっとお客様に喜ばれないか?


ということに気づき、
それを実行していくわけです。


商品でもサービスでも、
ホームページでも接客でも同じです。


毎日、小さな改善を積み上げると
大きな違いになっていくのです。


大きな違いを打ち出せないと
考えていらっしゃる経営者・社長は
小さな違いを積み上げるということで
経営を見つめ直してはいかがでしょうか?

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【139】中小企業の差別化戦略2(大きな違いを打ち出す)

前回、中小企業にとっての差別化として

●他社との「差別化」
 と
●お客様にとっての「特別化」

この両方から考えることが
重要とお伝えしました。


他社との違いを際立たせるだけではなく、
際立たせることで、お客様にとっての
特別な存在を目指すことが、お客様に
選ばれ続けることになると考えています。

 

「差別化」「特別化」
を意識している経営者から
お伺いするのは


「他所(ヨソ)がやらないことをやる」

という方針です。


要は大きな違いを打ち出すワケです。


その時に、お客様にとっての特別化
ができていれば、選ばれます。


ただし、これは

言うは易し・行うは難し

 

 

かなりハードルが高いのも事実です。

 


自社のノウハウがないとすぐに
マネされてしまいますが、
だからこそ、ノウハウを蓄積し、
その方向性を大事にする会社
もあります。

 


次回は、それ以外の差別化の在り方について
お伝えします。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【138】中小企業の差別化戦略1(差別化と特別化)


書籍、セミナー、講演などで
「差別化」や「差別化戦略」
ということを聞かれることも
多いと思います。

 

 


「他社と差別化しないと
競争に負ける」というような
話です。

 

 

なぜ差別化が重要かというと
他社と「違い」を明確にしなければ、
お客様から選ばれないという
考えです。

 


そこで、
・差別化した商品
・差別化したサービス
と生み出すということですが、
それを考える上で大事な視点が
抜け落ちることがあります。

 


それは


「お客様」


です。

 

他社との差別化の事ばかり、
考えてしまい、
お客様のことを
すっかり忘れてしまう
場合もあるわけです。

 

なので、
他社との差別化
を考える一方で、
大事なことがあります。


当社がお客様にとって
特別な存在になれるか
ということです。


お客様にとっての
「特別化」

 

と言ってもよいかも知れません。

 

他社との「差別化」

お客様にとっての「特別化」


この両方から
考えることが
重要だと思うのです。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【137】ガントチャートを中小企業経営に活かすコツ5(やるべき事の共有)

前回

 

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

 

の活用の前提として

 


ビジョンの共有の
大切さをお伝えしました。
 

 

会社やお店の将来を
具体的に考える

ということでしたね。

 

 

そして、
その将来に向かって
どうしていくかを

 

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

 

行動レベルまで

落とし込んでいくのです。

 


会社やお店の
あらゆる活動を
たてよこ計画に盛り込み、
やるべき事を
共有していくのです。

 

 

社員・スタッフの立場としても
会社のやるべき事が
見えるようになると
スッキリするわけです。

 

そして、定期的に

たてよこ計画を眺めて

・何ができて

・何ができなかったかを

みなで確認し、次の取り組みを

考えていくというワケです。

 

当然、

たてよこ計画の

変更もしていきます。

 

 

優先順位が変わることが

ありますから。

 

 

それも、

見えるようにすることで

社員・スタッフの共有が

進みやすくなるのです。

 

 

社長や経営者が

分かったつもり・・・

ということはよくあります。

 

 

そういう意味でも、、、

たてよこ計画は
社員・スタッフとやるべき事を

共有・実行していくには

よい道具なのです。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【136】ガントチャートを中小企業経営に活かすコツ4(ビジョンの共有)

これまで

 

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

 

を活かすコツについて
お伝えしてきました。

 


主に小規模企業や
個人事業主向けでした。


主にひとりで

「たてよこ計画」

を見て

「PDCA日誌」

で確認するという
ケースでした。


自分含めて2人になると
組織になります。

 

だから、2人以上になると
計画の共有ということが
より重要になります。


会社やお店・医院がどういう方向に
行こうとしているのかということを
示す必要があります。

 


なぜなら、目的地が
分からないのに、
団体行動って難しいですよね。

 


気持ちや行動が
バラバラになります。

 


だからこそ、
目指すビジョンや
やるべき事の共有が大事に
なるワケです。

 

そこで、

まずビジョンづくりと

共有です。

 


ビジョンとは
例えば、〇年後に
どうなりたいかという夢です。

 


売上目標でもいいし、
利益目標でもいいし、
会社の姿や社員さんが
働いている姿でも構いません。


社長・経営者の夢を
膨らませてビジョンを
考えていきましょう。


大事なことは、ひとつの
ビジョンが出てきた時に、
それをうまく膨らませることが
できるかどうかです。


たとえば、売上1億円なら、
取引先は何社ぐらいになっているか?
社員数は何名ぐらいになっているか?
をイメージすると、社員さんに
伝わりやすくなります。


ビジョンは社長だけでなく、
社員にも伝わるようにすることが
重要なのです。


次回は

 

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

 

の共有についてお伝えします。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【135】ガントチャートを中小企業経営に活かすコツ3(行動できるところまで分ける)

ガントチャート式年間計画
(たてよこ計画)を使って
コンサルティングしている先で
よくあるのが、

 

 

計画が進んでいないということ。

 


「やろうと思ったんですけど、
忙しくできませんでした・・・」


はよく聞く話です。


おそらく、みなさんも
そういう経験あるんじゃない
でしょうか?


もちろん私も

そういう経験はあります。

 

 

そんな方が多いのですが、

 

たてよこ計画

 

をより活用して、

それを解消していきます。

 

 

それには

たてよこ計画をより
細かくしてもらいます。

 

 

たとえば、
どうしても手が付かないことを
・まず、これは15分かかる
・そして、あれは30分かかる
という風に分解してもらい
15分、30分のレベルまで
分けていきます。

 

この分解作業をしていくと

とてつもなく大きな山と

思えたものが
ちょっとした障害物が
いくつかあるように
感じる場合があります。


そうなのです!

 

「この作業は時間が
かかりそうだぞ!」
とこちらが勝手に思うと、
手が付かないことがあります。

 


だからこそ、
やるべきことを分解し、
手がつけやすい作業にして
それをガントチャートに
組み込むのです。


そして例えば
毎日一つずつ
こなしていきます。


そうすると、達成を実感し、
ある時点でぐーんと
進んだりもします。


行動レベルまで
落とし込むことが
計画を進めることが
できるコツなのです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【134】ガントチャートを中小企業経営に活かすコツ2(PDCA日誌で意識する)

前回、
「目標を意識する」
ということを
お伝えしました。


私も含めて、
目標を考え、
計画を作成しても
忘れてしまうのです。


2017年が始まって、
5ヶ月目ですが、
今年の目標を憶えていますか?

そして、毎日
思いだしていますか?


「憶えてない~」
「実行できていない~」
という方も多いんじゃないか
と思います。


そこで、忘れないように
する工夫が必要です。

 

それは、
PDCA日誌(日報)に
チェックリストを
つくること。


簡単ですね。

 

 

 

 

そこで、

 

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

 

を見たか、見ていないかを
チェックすればいいのです。


意外に簡単なことですが、
確認すらできていない方が
多いのも事実です。


だからこそ、

 

たてよこ計画+PDCA日誌

 

の組み合わせが
目標を実行するために
重要なのです。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【133】ガントチャートを中小企業経営に活かすコツ1(目標を意識する)

これまで経営計画策定にあたって、

 

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

 

の活用をお伝えしてきました。


策定したら、実行しないことも
あるので、PDCA日誌(日報)で
実行・振り返り・修正が
重要とお伝えしました。

 

 

それでも
続かない人がいるのも
事実です。

 


では、どうするか?


まずは、
毎日、毎週見る!

 

そしていつやるか
PDCA日誌に書き込む

ことが大事だと思います。

 

 

シンプルすぎて
拍子抜けする方も
いらっしゃるかも知れませんが、
目標って忘れやすいのです。

 


あの時やろうと思った
熱い気持ちもあっという間に
冷めてしまいます。


そして
また別の計画を立てる・・・・

 

 

そうならないように
毎日・毎週見ることが
重要です。


これが目標を意識する
ということです。


私はこの、たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)
をほとんど毎日見ています。


目標を意識すること
大事ですね!

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【132】ガントチャートで経営計画を策定するコツ7(PDCA日誌で確実な実行!)

これまでお伝えした、

 

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

 

を活用して、経営計画を作成すること。

 

 

 

これはセミナーや研修などで
詳しくお伝えしています。

 

 

そこで次のようなこと
お伝えしています。

 

 

計画(P)はつくっただけで、
・実行しない(D)
・振り返らない(C)
・修正しない(A)
ことがよくあると言うこと。

 

 

つまり、P(Plan)だけで
D(Do)、C(Check)、A(Action)
がないということなのです。

 


それをきっちり
D(Do)、C(Check)、A(Action)
をおこなうためには

 

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

 

を軸に
PDCA日誌(日報)
が大切なワケです。


ガントチャート式年間計画
を見て
・今日何をするか?
・明日何をするか?
・今週何をするか?
をPDCA日誌に書き出し、
毎日振り返ります。


ガントチャート式年間計画
 と
PDCA日誌
の連携こそが
PDCAを確実なものに
していくのです。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【131】ガントチャートで経営計画を策定するコツ6(中小企業・個人事業主でも活用)

これまで 

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

を活用して経営計画に策定するコツ
についてお伝えしました。

 

前回はたてよこ計画を
更新する作業そのものが
PDCAを回すことということ
をお伝えしました。

 

これまで多くの会社で提案し
活用してもらっています。


・製造業
・建設業
・ソフトウェア開発
では、このガントチャートは
見慣れているケースがありますが、
経営に活かしていない場合もあります。

 

 

全く見たことがない業種でも
例えば
・卸売業
・小売業

・飲食店

・カフェ
・農業
・ネット販売
・ガソリンスタンド
など、多くの中小企業・個人事業主で
活用頂いています。

 

個人事業主でもオーナー用で作って
もらっています。

 

もちろん、当社も作成しています。

 

なぜどんな業種でも使えるかというと、

やるべき事を「行動レベル」まで

落とし込んで見える化しているからです。

 

コツを掴めば簡単ですので、
オススメのツールです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【130】ガントチャートで経営計画を策定するコツ5(PDCAを回す)

会社の経営計画において、
やるべき事をすべて、

 

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

 

にまとめることを
ご提案しています。


前回は、タテに眺める重要性を
お伝えしました。


毎月・毎週の仕事が
どれだけあるかという
ボリュームをチェックし、
実行していくのです。

 

そして、

たてよこ計画に沿って

実行していくわけです。

 


そうすると、当然
・実行できたこともあれば
・実行できなかったことも
出てきます。

 

 

それを毎週単位でチェックし
たてよこ計画を更新していきます。

 

 

行動できなったことを
ずらすことになりますが、
その時に翌月・翌週の予定と
重なったりします。

 

一方で、やるべき事を思いついたり
増えたりすることだってあります。

 

同じように、たてよこ計画に
盛り込んでいきます。

 

そして改めて、

翌月・翌週のやるべきことを

タテに眺めて、調整し、

計画を決定していく。

 


これがまさに

PDCAを回すと
いうことなのです。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【129】ガントチャートで経営計画を策定するコツ4(タテに眺める)

会社の経営計画策定において
やるべき事をすべて、

 

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

 

に記載することを
当社では、ご提案しています。

 

 


前回、やるべき行動を
分割することを
お伝えしました。

 


そうした後、行動を一つ一つ

 

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

 

に記載していきます。

 

 

「攻め」と「守り」の視点で

まとめるとよいということを

以前、お伝えしました。

 

こちらです

 

 

話を戻して、セミナーや研修で
この作業をおこなうと
やりたいことがたくさんある方は、
記載するだけで大変な作業になります。

 


そして、一旦できたと思ったら
タテに眺めてみます。


例えば今月・来月の
行動ををタテに眺めていくと

 

「やることが多すぎて、
絶対できない・・・」

 

ということがあります。


これが計画が実行できない
要因の1つなのです。

 

そこで、優先順位を考えながら
行動ができるかどうかを
確認しながら実行できる行動量に
調整していきます。

 

通常の計画表では、
気付きにくいことですが、


たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

なら気付くことができます。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【128】ガントチャートで経営計画を策定するコツ3(やることを分ける)

会社の経営計画で
やるべき事をすべて

 

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

 

にまとめることを
当社ではご提案しています。

 

作成のコツをお伝えしますね。

まず年間計画で一つやることを
思い浮かべましょう。

 


例えば、
・チラシ作成
・新メニュー販売
何でも良いです。

 


その時に、その行動を
・どれだけ分けられるか
・関連することを考えられるか
が重要です。

 

例えばチラシ作成なら
・企画
・修正
・印刷
・配布
・効果検証
などが考えられますよね。

 


そうすると、
チラシ作成という行動が
一つの行動ではなくて
いくつかの行動
に分けられます。


それらをガントチャートに
記載することが大事なのです。


またその他のメリットとして
行動を分けることが、
第一歩、第二歩が
より具体的になり
その行動をやりやすく
させるのです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【127】ガントチャートで経営計画を策定するコツ2(すべて書きだす)

会社の経営計画を

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

を使ってまとめていくことを
当社ではご提案しています。


前回は繁忙期・閑散期を意識する
ということでした。


今回は、やるべき事をすべて
ガントチャートに書き込む
ということです。

 

実は、私は前職IT関係の
仕事をしていたので、
システム開発の
ガントチャートを
よく作成していました。

 

その時の作成した

ガントチャートでは、
1プロジェクトのみで

ガントチャートを

作成していました。

 

 

しかし、経営計画においては、
企業やお店がやりたいことを
すべてガントチャートに
書き込んでいきます。

 

例えば、製造業なら
・製品開発
・原価低減
だったり、サービス業なら
・メニュー開発
・イベント実施
・チラシ作成
などなど。


一年間何をしたいのか
アイデア出しを
していきます。


これを全部のせて、
一枚の紙に出すことが
ポイントです。

 

なぜなら、別々に

ガントチャートを作成すると

いつ忙しいのか見えないからです。

 

 

そして、前回お伝えしたとおり、
繁忙期・閑散期を見ながら

活動をずらしたり、まとめたり

していきます。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【126】ガントチャートで経営計画を策定するコツ1(繁忙期・閑散期)

当社でご提案している、

 

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

 

ですが、会社の経営計画の
一部分として活用できます。


これから何をしていこうかという
行動(アクション)をまとめていくわけです。


起業・創業時でも、
業歴が長い会社でも
社長1人の会社でも、
社員100名以上の会社でも
行動がある会社には
すべて活用できます。

 

行動がない会社なんて
ないですからね。


そこで、
たてよこ計画を
作成するポイントを
お伝えします。

 


まずは、

 

ゆとりがない
ガントチャートを
作らない

 

ということです。

 


経営計画策定の時に
ついついやりたいことを
盛り込みがちです。


そのため、
いざ実行しようとすると
あれもこれもあるため、
余裕がなくなってきます。


そして

できない計画に・・・

 

そのため
余裕を持った
計画にしないと
活用されないもの
になります。

 

 

 


その時に大事なことは


繁忙期・閑散期を
見極めているか?


が重要となります。

 

 

 


当然、繁忙期は忙しいから
新しいことには手がつけられません。


だからこそ、繁忙期は
新しいことは抑えて、
閑散期におこなうような
計画作りが必要になります。


計画策定時のときは
それを忘れて、
たてよこ計画に
盛り込みがちなので

気をつけてくださいね。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【125】起業・創業において大事なこと2(PDCA日誌)

前回、 起業・創業の支援においても

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

を使って、創業者・起業者の頭の中を
見える化する重要性をお伝えしました。

 

このガントチャート式年間計画で
・いつ(いつまで)
・なにを
・どんな手順で
・どうする
ということをまとめていくわけです。


まずは売上を上げるという事が
重要になりますので、
活動も売上アップの内容になります。


ただし、ガントチャート式年間計画は
あくまで計画です。

やってみたら、
ちょっと違うということも
しばしばあります。


私の年間計画もそうです。


やってみて、気づくと
いうことがあるんですね。

 

その気づきのアンテナを
高めるために毎日
PDCA日誌を書くわけです。

毎日、その日に
・やることを決め(Plan)
・やってみて(Do)
・気づいて(Check)
・明日からの実行に活用する(Action)
を書き続けていきます。


PDCA日誌で得た

その気づきを

ガントチャート式年間計画

にて優先順位を変更しながら
今月・今週おこなうことを
整理していきます。


ガントチャート式年間計画
 と
PDCA日誌

が起業・創業時においても
PDCAを回す両輪なのです。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【124】起業・創業において大事なこと1(ガントチャート式年間計画)

創業時や創業後での
ご支援をさせて
頂くことがあります。


ご相談内容を聞くと
「攻め」
 ・選ばれる理由や
 ・PRの検討
などが十分になされていない
ケースがほとんどです。


計画性がなく、
行き当たりばったりで
活動されている面も
見受けられます。


初めての創業ですから、
仕方ない面もあります。


そこで、
起業・創業においても

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

を使って、創業者・起業者の頭の中を
見える化していきます。


同じ経営ですので、起業・創業だろうと
使うツールは変わりません。

業種も関係ありません。
カフェの経営者にも
作ってもらいました。


ただし、
起業・創業の場合は
「攻め」を中心に
まとめていくことが多いです。

まずは売上が必要ですからね。


たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)
を使って、やるべき事を
整理していきます。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【123】中小企業・小規模事業者にとっての経営計画8(まとめ)

前回まで、経営計画に
おける「攻め」と「守り」
についてお伝えしてきました。

その「攻め」と「守り」を

これまでオススメしている

たてよこ計画
 (ガントチャート式年間計画)

書き込んでいくわけです。


オススメする理由は、
パッと見て分かりやすいからです。


●だれが
●いつ(いつまでに)
●何を
●どのような手順で
●どうする

ということを一覧することができます。


例えば、5月
【攻め】
・メニュー開発
・ホームページ見直し

【守り】
・原価計算のやり方の見直し

といった形で、
5月に何をすればいいのかが
分かります。

しかも、翌月6月には、
原価計算のやり方を反映して
売価を見直すなど、次の行動も
たてよこ計画を使って考えられます。

 

経営計画というと、
ともすれば、数値計画が
中心になりがちですが、
その数値計画を実現させるには
行動が重要になります。

その行動を、

たてよこ計画

で見えるようにして、

定期的に見直し
優先順位を入れ替えしながら、
今やるべき事は何なのかを
常に考えながら計画を
実行することが重要なのです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【122】中小企業・小規模事業者にとっての経営計画7(組織力)

前回からオススメしている

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

には「攻め」と「守り」を

書き込みます。


今回も「守り」です。

守りとは、
獲得できた売上で
得られる利益をちゃんと
確保できるようにしましょう
ということでした。

 

 

要は見込まれる利益どおりに
確保するということです。

それには組織力強化が
必要になります。

 

それは、、、

 

(1)1人1人の人のスキルと能力
(2)会社の仕組み
(3)組織内の人間関係

 

です。

 

今回は、特に
(3)組織内の人間関係
についてお話ししたいと思います。

 

(1)1人1人の人のスキルと能力
があって、

 

(2)会社の仕組み
も整備されていたとしても、

 

(3)組織内の人間関係
がよくなければ、

組織力を発揮することは
できません。


そもそも
組織が組織になるには、
①共通の目的
②モチベーション
③コミュニケーション
が必要と言われています。


①共通の目的
とは、その組織で何を
達成したいのかという
目的が一緒であることです。

 

②モチベーション
とは個人のやる気です。

仕事そのものへのやる気や
共通の目的を果たした結果
に対する報酬に対するやる気
もあります。

 

③コミュニケーション
とは、まさに組織内の
コミュニケーションですね。


組織が組織になるには
この3つがきちんと
備わっていないといけません。

 

経営計画となると、
つい「攻め」の方に
重点を置きがちですが、
「守り」についても、
検討する必要があります。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【121】中小企業・小規模事業者にとっての経営計画6(守り)

前回からオススメしている

たてよこ計画
(ガントチャート式年間計画)

には「攻め」と「守り」を

書き込みます。


今回は「守り」です。


守りとは
獲得できた売上で
得られる利益をちゃんと
確保できるようにしましょう
ということです。

 

要は見込まれる利益どおりに
確保するということです。


それには組織力強化が
必要になります。

それは、、、

 

(1)1人1人の人のスキルと能力

 

(2)会社の仕組み

 

(3)組織内の人間関係

 

です。


組織力強化がまだ、
それほど重要ではない
小規模事業者さんは
「攻め」を重視する場合が
良いかも知れません。

 

しかし、売上・利益は
安定しているものの、
これから成長していきたい
中小企業さんにとっては
組織力強化は重要です。

 

社長さんや役員さんの力だけ
では成長が難しくなっている
会社さんなら、是非確認して
もらいたい項目です。


まず、
(1)1人1人の人のスキルと能力
ですが、

 

こちらは、その名の通り、
個人のスキルや能力、そして
仕事に対する向き合い方など
個人そのものです。

 

組織力には個々の力が
必要ですからね。

 

 

次に
(2)会社の仕組み
ですが、

 

利益や在庫などの管理、
仕事の手順・人材育成など
会社の仕組みです。

 

個々の力が
発揮できるような
仕組みが必要なのです。

 

 

最後に
(3)組織内の人間関係
です。

 

・個々に良い人
・仕事の仕組みが
あったとしても

 

人間関係が悪ければ、
よいパフォーマンスは
得られません。

 

だからこそ、
この組織内の人間関係
は重要です。

 

 

この組織内の
人間関係はまた次回
お伝えします。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。