【381】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(10)~まとめ~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

前回お伝えした、

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

「やりたいことリスト」

 

でした。

 

 

 

 

せっかくのアイデアが思いついたのに、

その時に具体化できないだけで、

書かないのはもったいない

やってみたいなと思った項目は

ガントチャート式経営計画に

書いて残しておいて欲しい

 

とお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

本日はまとめになります。

 

 

 

これまで

ガントチャート式経営計画の

作成の効果・メリットなどを

お伝えしてきました。 

 

 

その効果・メリットを

ざっと説明すると

 

・自分の会社のビジョン・目標から

逆算して会社の様々な取り組みを

分解して、具体的な行動に付箋に

一つ一つ書き出すことができる

 

・それを一覧できることで、

ボリューム管理や社内での共有に

活用することができる

 

 

というものでした。

 

 

その作成のコツを掴めば、

Excelや専用ソフトで使って

良いかも知れません。

見栄えが良くなりますしね。

 

 

ただし、変更を柔軟にできるが

ガントチャート式経営計画の

特徴ですので、やはり付箋が

オススメです。

 

 

 

当社のガントチャート式経営計画も

Excelから付箋に戻しました。

 

 

今までの経営計画でしっくり来ない方は

是非ガントチャート式経営計画を

作成することをオススメします!

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【380】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(9)~やりたいことリスト~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

 

 

前回お伝えした、

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

「計画変更は柔軟に」

 

でした。

 

 

 

付箋を使った、

ガントチャート式経営計画は

柔軟に変更しやすいことが

特徴でした。

 

 

その際に、もう一度、ビジョンに照らして

いつまでにおこなう必要があるのかを

しっかりと心に刻みながら、

計画を変更し直すということが重要でしたね。

 

 

 

今日は

 

  

「やりたいことリスト」

 

 

です。

 

 

 

計画というと、

すべてきっちり最後まで

記載しないといけないという

考えを持つ方もいらっしゃいます。

 

 

 

ガントチャート式経営計画では、

 

・直近の3ヶ月は具体的な行動を、

 

・その後の計画は項目出しだけでもよい

 

とお伝えしています。

 

 

 

 

それは、

 

せっかくのアイデアが思いついたのに、

その時に具体化できないだけで、

書かないのはもったいない

 

という考え方です。

 

 

 

しかもそれを残しておくと、

その後、見返して

計画を具体化するタイミングに

行動を細かくすることも出来るわけです。

 

 

 

なので、

やってみたいなと思った項目は

書いて残しておいて欲しいのです。

 

 

ガントチャート式経営計画は

やりたいことリストの役割も

担っているのです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【379】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(8)~計画変更も柔軟に~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

 

 

前回お伝えした、

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

 

 

「付箋だと、ドンドン書ける」

 

 

 

でした。

 

 

 

 

どんな活動をするのか

・アイデア出す

・項目を分ける

という視点でドンドン書くことが

計画策定において重要と

お伝えしました。

 

  

 

 

 

今日は

 

  

計画変更は柔軟に

 

 

です。

 

 

 

 

ガントチャートを作っても、

結局計画通りに行かない

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

 

 

私もITシステムの営業を

していましたので、

ガントチャート通りに行かない

ことを何度も目にしました。

 

 

 

それはあくまで

納期厳守という

前提です。 

 

 

 

一方で、

企業経営においては

 

・納期厳守の取り組みもあれば

・予定を遅らせても良いということ

 

もあります。

 

 

 

その時は、ガントチャート式経営計画

をじっと眺めて、付箋をずらす。

 

 

これが自由自在に変更できる魅力なのです。

 

 

 

だけれども、毎回ずらしては

折角の計画の意味がありません。

 

 

もう一度、ビジョンに照らして

いつまでにおこなう必要があるのかを

しっかりと心に刻みながら、

計画を変更し直すのです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【378】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(7)~付箋だとドンドン書ける~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

前回お伝えした、

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

 

「営業・販促計画と連動できる」

 

 

でした。

 

 

 

 

ガントチャート式経営計画では

売上アップに必要な営業活動・

販促活動の「結果」(目標)

と「行動」を一枚にまとめること

ができることが特徴でした。

 

 

 

 

今日は

 

 

「付箋だと、ドンドン書ける」

 

 

です。

 

 

 

通常のガントチャートは

Excelや専用ソフトを

作ることが多いです。

 

 

しかし、

ガントチャート式経営計画では

まず付箋を使って作成することを

オススメしています。

 

 

 

というのも、

Excelや専用ソフトの作業に追われ、

経営計画の全体イメージなどに

集中できないのが残念だと思うからです。

 

 

 

そこで、

付箋を使って作業

をしてもらいます。

 

 

 

「思ったこと」「思いついたこと」

をまず書き出してくださいとお願いすると、

クライアントさんやセミナー受講生は

みなさんドンドン書いてくださいます。 

 

 

 

間違ったら、

剥がして捨てれば良いので、

気楽に書けるのです。

 

 

アイデア出しの鉄則の

 

「質より量」

 

でまず数を出すことが

重要なのです。

 

 

どんな活動をするのか

・アイデア出す

・項目を分ける

という視点で

ドンドン書くことが

計画策定において

重要なのです。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【377】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(6)~営業・販促計画と連動できる~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

 

前回お伝えした、

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

 

「ボリューム管理」

 

 

でした。

 

 

 

ガントチャート式経営計画を

使えば、冷静に自社の活動の

ボリュームを管理でき、

閑散期・繁忙期に的確な

活動が出来るのです。

 

 

 

今日は

 

「営業・販促計画と連動できる」

 

です。

 

 

 

経営者と話すと、

「いろんな計画があると

混乱するんだよね」

といったことをお伺いします。

 

 

 

特に経営計画というと、

売上・利益の計画という

「結果」の計画を

思い浮かべる方が

多いかも知れません。

 

 

 

ただし、この売上・利益は

当たり前ですが、自社で

完全にコントロールすることは

不可能なのです。

 

 

一方で、その売上・利益のための

「行動」はコントロールできます。

 

 

 

買ってもらうために、新商品を開発したり

集客のために、Facebookをしたり

コスト削減するために、経費を見直したり

 

などです。

 

 

 

ガントチャート式経営計画では

その「結果」と「行動」を

一枚にまとめることができる

ことが特徴です。

 

 

 

特に売上アップに必要な

営業・販促に関することは

 

どんな「行動」をして

どんな「結果」を期待する

 

かを意識してまとめていきます。

 

 

この新商品を販売したら(行動)

来月どのくらい売れるかな(結果)

 

という感じです。

 

 

それをガントチャート式経営計画に

表現していくことで、

計画をまとめて見られることが

メリットなのです。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【376】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(5)~ボリューム管理~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

前回お伝えした、

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

 

「共有しやすくなる」

 

 

でした。

 

 

 

 

 

社内のメンバーと一緒に

ガントチャート式経営計画を見ることで、

次にどんな行動をするべきかが

共有しやすくなるということでした。

 

 

 

 

今日は

 

 

ボリューム管理

 

 

です。

 

 

 

 

 

ガントチャート式経営計画を眺めると、

この月は忙しいけど、

その次の月は暇になる

というのが「見える」

ようになります。

 

 

 

頭の中で考えていたような

それが何となく

「忙しい」「暇だ」

ではなく

行動レベルに見えるので、

よりイメージが出来てきます。

 

 

 

そうなると、

「忙しい間でも

この取り組みなら出来る」

ということも見えてきます。

 

 

 

先日のクライアントさんも

そうでした。

 

 

 

ガントチャート式経営計画で

思い込みを外すことができるのです。

 

 

大きな卵が、実は小さかった

というような イメージでしょうか?

 

 

 

 

「忙しい」と思うだけで

思考停止になる方も

いらっしゃいますが、

このガントチャート式経営計画を

使えば、冷静に自社の活動の

ボリュームを管理することが出来ます。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【375】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(4)~行動を社内で共有しやすい~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

前回お伝えした

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

 

行動が明確になる

 

 

でした。

 

 

 

やるべき事を

行動単位に落とす

ことができるのです。

 

 

 

 

今日は

 

 

共有しやすくなる

 

 

です。

 

 

 

 

やるべき事を

行動単位に分けると

どうなるでしょうか?

 

 

もちろん、

 

社内で共有

しやすくなりますね。

 

 

 

先日、

社員10名の会社の社長に

ガントチャート式経営計画

を作ってもらいました。

 

 

 

 

ガントチャート式経営計画を

作ってもらいながら、

「いままで方針を伝えていただけで

具体的な行動を伝えていなかったなぁ」

と一言ポロリ。

 

 

そして

 

 

「これを使ってミーティングを

使えば、行動が共有できるし、

これで共有できない内容だと、

まだ行動が明確になっていない

ということなんですね」

 

 

とおっしゃいました。

 

 

まさにその通りです!

 

 

「ガントチャート式経営計画

をどこまで書けば良いの?」

と質問をもらうことがありますが、、

そのガントチャート式経営計画を見て

社長・社員が行動できるかどうか

が完成したかどうかの見極めです。

 

 

それを見て、ふと考えてしまっては

まだ計画が完成していないかも知れません。

 

 

 

ガントチャート式経営計画で

社内での共有がしやすくなりますよ。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【374】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(3)~行動が明確になる~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

前回お伝えした

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

 

逆算思考

 

 

でした。

 

 

 

 

 

例えば、来年の売上○○千万

を達成しようと思うと、

何からしないといけないかを

順序立てて考えていくのです。

 

 

 

 

 

今日は、

 

 

行動が明確になる

 

 

 

です

 

 

 

 

前回の逆算思考をしながら、

何をすべきかを、

一つ一つ洗い出しながら

ガントチャート式経営計画

を策定していきます。

 

 

 

この作業は、やるべき事を

行動単位に落としている

ことになります。

 

 

 

経営計画などで、

パンフレットリニューアル

と項目だけ書いても、

実際にさまざまな行動で

成り立っています。

 

 

 

 

例えば、

 

・現状の問題点の洗い出し

・他社のパンフレット調査

・パンフレット原案作成

・デザイナー・印刷会社との打ち合わせ

 

などなど

 

 

この行動を明確にすることは

ちゃんと実行できる準備をする

ということです。

 

 

 

逆に自ら作った

ガントチャート式経営計画を見て、

一つ一つの行動がイメージできなかったら

分け方が不十分なのかも知れません。

 

 

おこなうべき行動が

明確になる、

 

その行動をおこなうことが

成果に結びつくと思うのです。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【373】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(2)~逆算思考~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

 

 

前回お伝えした

ガントチャート式経営計画

のメリット・効果は

 

一覧性

 

でした。

 

 

 

TO DOリスト、スケジュール帳

よりも一覧性があるということを

お伝えしました。

 

 

 

ガントチャート式経営計画が

木に例えると「幹」であって、

TO DOリスト、スケジュール帳は「枝」

のようなイメージですので、

TO DOリスト、スケジュール帳

との併用も可能です。

 

 

 

 

今日は、

 

 

逆算思考

 

 

です。

 

 

 

 

目標(ゴール)からの

逆算で、ものごとを

考える重要性が

よく言われています。

 

 

これが逆算思考です。

 

 

 

3年後の目標達成に向けて

逆算して今何をすべきかを

考えていくワケです。

 

 

 

しかし、実際は

セミナーで

アンケートをしてみると、

逆算思考でない方が

ほとんどなのが事実です。

 

 

 

目の前のことに必死で

向きあっているので、

それどころではない

かも知れません。

 

 

 

 

ガントチャート式経営計画では

逆算思考で考えるクセ付けが

できます。

 

 

 

例えば、来年の売上○○千万

を達成しようと思うと、

何からしないといけないかを

順序立てて考えていくのです。

 

 

 

 

そうすると

自然と逆算思考に

なっていきます。

 

 

 

 

 

とある経営者も

始めは苦手そうに

ガントチャート式経営計画に

取り組んでいましたが、

逆算思考ですぐにできるように

なりました。

 

 

初めての方でも

自然と逆算思考身につくのが、

ガントチャート式経営計画の

良いところなのです。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【372】中小企業がガントチャート式経営計画を策定する効果・メリット(1)~一覧性~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

ガントチャート式経営計画の

効果・メリットを

これからお伝えして参ります。

 

 

今回は

 

一覧性

 

です。

 

 

ガントチャートは

・今後の行動を「たて」

・時期「よこ」

に表現します。

 

 

 

こうすることで、

「何を」

「いつ」

おこなうべきかが

パッと見えるのです。

 

 

 

TO DOリストの場合、

「すること」は明確なのですが、

それぞれのすることの

負荷などが見えにくかったり、

長期で取り組むことも分かりにくかったり

します。

 

 

 

スケジュール帳の場合、

〆切の「いつ」は分かりやすいのですが、

その〆切のために「何を」「どこから」

開始するのかが分かりにくかったりします。

 

 

 

ガントチャート式経営計画の場合、

TO DOリスト、スケジュール帳の

問題を解決してくれます。

 

 

 

もちろん、TO DOリスト、スケジュール帳

を止める必要はありません。

 

 

 

実際、当社でも、TO DOリスト、スケジュール帳は

活用しています。

 

 

 

それは、ガントチャート式経営計画が

木に例えると「幹」であって、

TO DOリスト、スケジュール帳は「枝」

のようなイメージで活用しています。

 

 

「幹」をベースに、

・今日をTO DOリスト

・今週・今月をスケジュール帳

で考えていくのです。

 

 

 

話を戻すと、

 

ガントチャート式経営計画の特徴は

TO DOリスト、スケジュール帳にはない、

 

「一覧性」

 

というものがあるのです。

 

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【371】自分に必要な商品・サービスかどうかを理解してもらうためには・・・

 

とある会社での

コンサルティングでの

お話です。

 

 

モノではなく、

お客様に体験してもらわないと

良さが分からないサービスなので、

どう売り込むかの検討でした。

 

 

サービスに限らず、

目に見えるものでも使ってみないと

良さが分からないということは

多いと思います。

 

 

そこで、良さを

分かってもらうために

・無料体験(実際に使ってみる)

・実績をPR(多くの方が良いといっている)

していくことがあります。

 

 

その時に大事なことがあります。

それはその商品・サービスを

自分ゴトに思ってもらえるかどうかです。

 

 

買うときには

商品・サービスの良さだけでなく

自分に必要と思ってもらえるかどうか

の2つのポイントがあります。

 

 

この商品、良いけど、

自分には必要ないな

と思ったら購入に至りません。

 

 

そこで、重要なのが、

その商品・サービスが、

自分にフィットするような

 

言葉や風景(利用シーン)

 

なのです。

 

 

 

その言葉や風景(利用シーン)

を導くためにも、

どういう人が喜んで

自分の商品・サービス

を選んでくれるのか?

 

 

一度見直すことが重要だ

と思います。

 

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【370】伴走型支援の事業計画の策定で、ガントチャート式年間計画を活用するコツ

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

支援機関がおこなっている

伴走型支援についても、

ガントチャート式年間計画が

活用できると考えています。

 

 

 

小規模事業者を想定すると、

「売上拡大」

が重要課題の1つだと

思います。

 

 

 

売上拡大の打ち手を

次のような視点で

 

考えています。

 

 

事業計画の作成過程で

 

・他社ではなく自社が選ばれる理由

 

を考えた後、

 

・営業・PR・リピーター作り

 

を検討していきます。

 

 

この2つの両輪が売上拡大

に不可欠だと思っています。

 

 

まず、

他社ではなく、自社が選ばれる理由

が弱い場合は、それを強めていく活動

をガントチャート式年間計画に入れたり、

 

一方で、

選ばれる理由はしっかりしているものの、

それが残念ながら知られていない場合は、

PRやリピーター作りを中心に

ガントチャート式年間計画に組み込むのです。

 

 

もちろん、同時並行に

両方おこなうケースも

あるかも知れません。

 

 

 

それを意識した計画にするだけでも、

メリハリが利いた計画になるのです。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【369】ガントチャート式年間計画を伴走型支援に役立てる

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

 

ここ数年、中小企業(特に小規模事業者)

の支援機関(商工会議所・商工会)

で伴走型支援ということが言われています。

 

 

 

中小企業庁のホームページでは

 

需要開拓や経営承継等の小規模事業者の課題に対し、

事業計画の策定や着実な

実施等を事業者に寄り添って支援する

 

と記載されています。

 

 

その計画を、小規模事業者と支援機関が

共有することが重要となります。

 

 

共有するには

・見える化

・細分化

が最低限必要です。

 

 

今月そして来月

何をどこまでするの?

 

ということが共有されていなければ、

十分な支援が出来ないかも知れません。

 

 

昨年、経営指導員の方向けに

ガントチャート式年間計画について

お話をさせて頂く機会がありました。

 

 

 

当然、小規模事業者の多くは

ガントチャートについて見たことはあるけど

使ったことはない方がほとんどです。

 

 

巡回において、ガントチャートを使って

進捗がどこまで進んでこれからどうしていくのか?

を考えることが重要だと思います。

 

 

それには、PCスキルなど不要です。

紙と付箋さえあれば、作成・変更も

あっという間です。

 

 

ガントチャートを活用することで

伴走型支援をより充実していく

と当社では考えています。

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【368】中小企業がガントチャート式年間計画を作成するコツ(12)~まとめ・小さな一歩を踏み出す~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

前回は

 

同じ日々にならないように

 

ということを

お伝えしました。

 

 

 

今回は、

まとめです。

 

 

これまで、

中小企業の経営者・個人事業主

向けのガントチャート式年間計画

の作成のコツをお伝えしてまいりました。

 

 

多くの経営者が、

「日々、目の前のことで忙しい」

「バタバタしてて何もできていない」

とおっしゃっています。

 

 

 

そして、新しい一歩が

踏み出せていないまま

毎日が過ぎている

経営者・個人事業主が

多いような気がします。

 

 

一方で成果を上げている

経営者・個人事業主は

行動を起こし、

トライアンドエラーを

繰り返しながら、

成功していらっしゃいます。

 

 

 

経営者・個人事業主に限らず

多くの方は現状に流されやすい

ものなのです。

 

 

 

ガントチャート式年間計画では

同じ日々の中でも新しいことを

自分が積極的におこなうことを

助ける道具だと思っています。

 

 

 

ガントチャート式年間計画では

未来に向けた行動を

・細かく分けて

・見えるように

なっているのが特徴です。

 

 

 

ガントチャート式年間計画は、

一歩が踏み出せない

経営者・個人事業主に向けた

最良の道具だと信じています。

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【367】中小企業がガントチャート式年間計画を作成するコツ(11)~同じ日々にならないように・・・~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

前回は

 

はじめの3ヶ月は

より充実させる計画

 

ということを

お伝えしました。

 

 

 

今回は、

 

同じ日々にならないように

 

に関することです。

 

 

3ヶ月を書いてみると、

実はこれまでと同じような

計画になっている場合があります。

 

 

 

そこで考えてもらいたいのが、

 

「同じような日々を過ごすことで

お客様が他社ではなく自社を

選び続けてもらえるのか?」

 

ということです。

 

 

自社が同じような事を続ける一方で

ライバル他社の動きが変わったり、

お客様のニーズや好みが変わったり

することも当然起こり得ます。

 

 

自社が選ばれ続ける為に、

自社を知ってもらう為に、

自社が成長する為に、

新たな活動を計画するのが

ガントチャート式年間計画です。

 

 

 

成長している会社は、

日々の積み重ねとともに

新たな活動も

しっかりやっています。

 

 

 

これまで通りの経営から変わる為にも

ガントチャート式年間計画で

計画づくりをすることは重要だと思います。

 

 

同じ日々にならないように

ガントチャート式年間計画

でこれからを考え直してみましょう!

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【366】中小企業がガントチャート式年間計画を作成するコツ(10)~はじめの3ヶ月はより充実させる~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

前回は

 

ガントチャート式年間計画を

1年分を書いてみる

 

ということを

お伝えしました。

 

 

 

今回は、

 

はじめの3ヶ月は

より充実させる計画

 

に関することです。

 

 

1年分、ざっと書いた

ガントチャート式年間計画。

 

 

年間を通したイベントがある

企業・お店や

繁忙期・閑散期が明確な

企業・お店なら、

1年間がある程度

埋まったかも知れません。

 

 

一方で、1年間の取り組みが

なかなか埋まらない方も

いらっしゃいます。

 

 

そこでお伝えしているのが、

 

最初の3ヶ月間は

より具体的に活動を

充実させましょう!

 

ということです。

 

 

1年先の活動が見えていなくても

やむを得ない場合もあります。

 

 

 

しかし、3ヶ月先の活動が

見えていない場合は

漫然と活動しているかも知れません。

 

 

 

その時には、もう一度

これまでお伝えしたコツ

・ビジョン

・選ばれる理由

・営業・PR

などの視点で自分が

次の3ヶ月で何を達成させたいのか

を考えながら、もう一度

ガントチャート式年間計画に

向きあってください。

 

 

次の3ヶ月で何を達成させたいですか?

そうすると更に次の3ヶ月がどうなりそうですか?

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。


【365】中小企業がガントチャート式年間計画を作成するコツ(9)~まず1年分書いてみる~

 

中小企業の経営者や

個人事業主の方向けに

ガントチャートを活用した

経営計画の作成のコツを

コンサルティングをはじめとして、

セミナー・研修で

お伝えしています。

 

 

前回は

 

ガントチャート式年間計画に

社長としてすべきこと

を組み込む

 

ということを

お伝えしました。

 

 

 

今回は、

 

1年分を書いてみる

 

に関することです。

 

 

通常の年間計画の場合、

数行書いて終わりという

ケースが見受けられます。

 

 

それが

・具体的な目標・計画だったり、

・スローガンのような目標・計画であったり

します。

 

 

ガントチャート式年間計画では

それを

・細かいステップに分けたり

・〆切を区切ったり

していきます。

 

 

 

セミナーやコンサルティングなどでは、

1年分を計画してもらうことがあります。

 

 

数行程度の計画なら

何となくで書けるのですが、

ガントチャート式年間計画だと

より具体性を持たせる必要があります。

 

 

そこで、

「より計画が具体的になった!」

という喜ばれる経営者もいらっしゃれば、

「結局何も考えていなかった」

という反省される経営者もいらっしゃいます。

 

 

それを実感できるのは

1年分を書いてみる作業なのです。

 

 

2018年、どんな計画にしていきますか?

ガントチャート式年間計画で

具体化することをオススメします!

 

■メルマガ登録のご案内

 

メールマガジン登録してくださった方には、

日報(スタンダード版)のフォーマットを特典

として差し上げます。

 

そして、このメールマガジンでは

 

・日報に対する見方を変える

・売上アップのための日報の書き方

など、これまでの自分・自社・自店を

変えるヒントをお届けします。

登録後、本人確認用のメールを配信させて頂きます。受信メール内の認証リンクをクリックしてください。