福岡・広島の社長を応援する経営コンサルタントのブログ(2019年1月)

【591】売上アップの選択肢をできるだけ考える

 

サラリーマン時代、上司からTODOリストを

毎日、書き写すように言われました。

 

はじめは何の意味か分かりませんでしたが、

書きながら、記憶に刷り込ませる意味が

あったのだと思います。

 

・今日こそはこれをやらないといけないな

 

・今週までにあれをやっておかないと、来週大変になるな

 

などと思い起こさせたりしてくれるのです。

 

 

TODOリストを毎日作っても、

仕事が進まないこともあります。

 

その時はTODOリストの塊が

大きいのかも知れません。

 

 

TODOリストを見ながら、

この項目を分解して、

これだけでもやっておこう

とTODOリストの項目を

細かくするのです。

 

 

例えば、書類作成と書いてあっても、

その書類作成には、資料を準備したり、

誰かに話を聞いたりする前段階が

あるかも知れません。

 

 

書類作成に関わる作業を細かくして

今日はこれをしようと、

今日のTODOリストに入れていくのです。

 

 

昨日できなかったTODOを進めるには

まずは一歩踏み出せることが重要です。

 

是非試してみてください。

 


【590】TO DOリストを毎日書き写す、そして細かくする作業

 

サラリーマン時代、上司からTODOリストを

毎日、書き写すように言われました。

 

はじめは何の意味か分かりませんでしたが、

書きながら、記憶に刷り込ませる意味が

あったのだと思います。

 

・今日こそはこれをやらないといけないな

 

・今週までにあれをやっておかないと、来週大変になるな

 

などと思い起こさせたりしてくれるのです。

 

 

TODOリストを毎日作っても、

仕事が進まないこともあります。

 

その時はTODOリストの塊が

大きいのかも知れません。

 

 

TODOリストを見ながら、

この項目を分解して、

これだけでもやっておこう

とTODOリストの項目を

細かくするのです。

 

 

例えば、書類作成と書いてあっても、

その書類作成には、資料を準備したり、

誰かに話を聞いたりする前段階が

あるかも知れません。

 

 

書類作成に関わる作業を細かくして

今日はこれをしようと、

今日のTODOリストに入れていくのです。

 

 

昨日できなかったTODOを進めるには

まずは一歩踏み出せることが重要です。

 

是非試してみてください。

 


【589】TODOリストは2つに分ける(オープンリストとクローズリスト)

 

やることをリスト化する

TODOリスト。

 

これを書き出すと、

やらないといけないことが

あれもこれも出てくるので、

それを実行するのも気が滅入る

ことがあります。

 

 

そこで、

毎日の区切りをつけるため

TODOリストも

・オープンリスト

・クローズリスト

の2つに分解することがあります。

 

・オープンリストは

「開いている」リストなので、

やりたいこと、やるべきことを

思いつくまま、どんどん書き連ねて

いきます。

 

一方で

・クローズリストは

「閉じている」リストなので、

今日、することをリスト化したものです。

 

今日することは、これだけと決めて

今日の目標をきっちり決めるという

メリットがあります。

 

 

TODOリストがたくさんありすぎて

気が滅入る方はオープンリストから

クローズリストを作って、一日一日

を充実することが重要です。

 

 


【588】ガントチャート式経営計画とTODOリスト、スケジュール帳を併用する

 

小さな会社・お店の経営者向けの

経営計画としてオススメしているのが

ガントチャート式経営計画。

 

 

作成してどのように使うのかについて

ご質問を頂いたので、お伝えしたい

と思います。

 

 

 

(1)ガントチャート式経営計画のみ使う方法

 

作成したガントチャート式経営計画を

毎週もしくは隔週(2週間に1回)に見直し、

コピーするなどして見えるところに貼っていきます。

 

それを見ながら、実施できているかどうかを

チェックをしていきます。

 

 

(2)TODOリスト、スケジュール帳と併用する方法

 

経営者の中には、TODOリストやスケジュール帳も

あわせて使っている人もいるかも知れません。

 

 

そのような方は、ガントチャート式経営計画で

書いた内容を、TODOリストやスケジュール帳に

転記することをオススメしています。

 

 

ガントチャート式経営計画に書いたものは、

それ自体行動できるものなので、例えば、

毎週月曜日に、ガントチャート式経営計画を見返して、

それを今週のTODOリストに転記する。

もしくは、それを実施する日時を確定するために

スケジュール帳に転記するでもいいと思います。

 

このどちらかに分かれることが多いです。

ちなみに私は出張が多いので、

(2)のTODOリスト、スケジュール帳の併用

しています。

 

 

どちらがいいかは経営者の働き方、向き不向き

があるので、試しながら自分のスタイルにあった

やり方を見つけることがよいと思います。